プラセンタサプリ 更年期症状

プラセンタって更年期症状にもいいの?

 

 

プラセンタって、更年期症状にもいいの?


 

閉経前後の約10年間、45〜55歳ぐらいの時期を更年期といいますが、人によっては重い更年期障害を発症するので、悩まされている人が少なくありません。月経異常、のぼせ、ほてり、冷え性、イライラ、不眠、記憶や集中力の低下、頻尿、尿漏れ、肩こり、関節痛、肌荒れなど、さまざまな症状が起こります。これはホルモンバランスの乱れが原因なので、プラセンタを摂取して対処するようにしましょう。

 

プラセンタサプリ

 

プラセンタというのは胎盤のことで、哺乳類が胎児を育てるときに必要な栄養が凝縮されているので、美容や健康をサポートできます。殺菌洗浄などが施され、安全に処理されたものがプラセンタ製剤です。ヒト胎盤は注射製剤として利用され、馬や豚などの胎盤はサプリメントになります。

 

婦人科に行けば、更年期障害の治療薬として認可されているプラセンタ製剤のメルスモンを投与されます。メルスモンはヒト胎盤を原料としたプラセンタ製剤で、注射で体内に摂りこむと、ホルモンバランスを整えられるので、更年期障害の辛い症状を緩和できます。

 

プラセンタ注射を受けるために通院するのは面倒と感じる方には、サプリメントがおすすめです。高濃度で配合されているものを選べば、高い効果を期待できます。

 

TOPページに戻る